浜行川港|防波堤

浜行川港

千葉県勝浦市浜行川 / 防波堤

3.00

釣果

3.00

設備

3.00

混雑のなさ

3.00

安全性

3.00

興津の南西に位置する港。外房線・行川アイランド駅の東にある。港は南側から突き出た浜行川岬によって囲まれている。周囲は山が続き、風が強い日も穏やかな港といえる。港の東側に有料駐車場があり、漁港の横にはトイレがある。港内は広いエリアでスロープが整備され、小さな船が多く泊まっている。堤防は3本あり、東側に赤灯堤防、西側に細い堤防、中央の漁協前に平たい堤防が存在する。東から伸びる長い方の防波堤は、外側がテトラで埋まっている。また海底は岩場になっていて、水深は全体的に浅い。水深がある箇所では、根魚やメジナを狙うのに向いている。メジナ、クロダイ狙いの人が多いが、イシダイ釣り師も訪れる。夏から秋を中心に、アジなどが回遊してくるときがあるので、サビキ釣りも可能。また、堤防の内側は砂地なので、チョイ投げでハゼやシロギスが狙える。シロギスは夏が好シーズン。

写真

こちらの施設の画像は投稿されていません

写真をもっとみる(0件)

口コミ

こちらの施設の口コミは投稿されていません

口コミをもっとみる(0件)

釣り場情報(詳細)

基本情報

交通手段
JR外房線・行川アイランド駅より徒歩15分国道128号より行川アイランド前を曲がる

設備

駐車場
あり(有料)
トイレ
-
周辺情報

その他

備考
ちなみに数年前はおばあさんが駐車場代として500円いただきます。と近寄ってきたりしましたが。あのかたはいったいなにもの、で そのお金は一体どんなふうに使われたのだろうか。もちろん、漁師関係者だとは思います。ここしばらく見かけませんね。

タグ

釣り場情報に誤りがある場合は、以下からご連絡をお願いいたします

誤りを報告する