長浦突堤・第一第二堤防

長浦突堤・第一第二堤防

千葉県袖ケ浦市北袖 / 防波堤

3.00

釣果

3.00

設備

3.00

混雑のなさ

3.00

安全性

3.00

袖ケ浦市の長浦は発電所や工場が並ぶエリアで、東京湾に向かって突堤が複数伸びている。これが「長浦突堤」と呼ばれている。長浦突堤は沖堤ではないが、いずれも渡船を利用して行く。西側の堤防先端部が左に折れている短い堤防が、第一堤防。周りが全てテトラ帯になっていて、メバル、アイナメなどの根魚がよく釣れる。東側の長い方の堤防が第二堤防。こちらは中心から先端にかけてはテトラなし。足場が良い箇所があるため人気がある。ヘチ釣りやフカセ釣りでクロダイが狙える。他にも回遊魚やシロギス、カレイなどターゲットは広い。

写真

こちらの施設の画像は投稿されていません

写真をもっとみる(0件)

口コミ

こちらの施設の口コミは投稿されていません

口コミをもっとみる(0件)

釣り場情報(詳細)

基本情報

交通手段
JR内房線・長浦駅近くの渡船店より館山自動車道・姉崎袖ヶ浦ICより国道16号へ

設備

駐車場
なし
トイレ
-
周辺情報

その他

備考

タグ

仕掛け
投げ釣り、ウキ釣り、探り釣り
魚種(タ−ゲット)
アジ、アイナメ

釣り場情報に誤りがある場合は、以下からご連絡をお願いいたします

誤りを報告する