by Tsure-LiFE

白子港|防波堤

白子港

千葉県南房総市千倉町瀬戸 / 防波堤

3.00

釣果

3.00

設備

3.00

混雑のなさ

3.00

安全性

3.00

三島海岸と瀬戸浜海岸の間に位置する港が白子港。富津館山道路からは、富浦ICを出て国道127号、国道128号、県道187号を経由。国道410号に出たら北上すると着く。港の南に瀬戸川河口があり、港と河口の間には地磯が広がる。白子港は小さな港なので、付近に駐車できるスペースはない。港全体が沖堤防によって覆われている。北隣がサーフで、堤防の外側には岩礁帯がある。堤防はどれも短いが、フカセ釣りでメジナやウミタナゴなどの小物があがる。房総フラワーライン沿い(国道410号)の瀬戸川の河口には、低い磯場が広がる。この磯はクロダイのポイントとして知られている。投げ釣りをすれば、夏場を中心にハゼやシロギス、イシモチなどが釣れる。南には瀬戸浜海水浴場があり、その手前には瀬戸浜新堤と呼ばれる新堤防がある。車はこの付近に駐車可能で、トイレもある。瀬戸浜新堤も磯物が狙える釣りポイント。

写真

こちらの施設の画像は投稿されていません

写真をもっとみる(0件)

口コミ

こちらの施設の口コミは投稿されていません

口コミをもっとみる(0件)

釣り場情報(詳細)

基本情報

交通手段

JR内房線・千歳駅より徒歩20分房総フラワーライン(国道410号)を南下し白浜方面へ

設備

駐車場

あり(無料)

トイレ

-

周辺情報

その他

備考

この漁港には釣り人が使えるトイレはありません。車で10分くらい南下した所にあるセブンイレブンが1番近いと思います。車の駐車場所も時間によりますが民家の近くは避け港内の端の方がいいと思います。漁師さんがいれば声掛けておくと良いと思います。とても優しい方ばかりです。

タグ

釣り場情報に誤りがある場合は、以下からご連絡をお願いいたします

誤りを報告する