by Tsure-LiFE

小櫃川河口|防波堤

小櫃川河口

千葉県木更津市久津間 / 防波堤

3.00

釣果

3.00

設備

3.00

混雑のなさ

3.00

安全性

3.00

木更津市北部を流れ、東京湾に注ぐ小櫃川の河口。この河口域は広大な干潟を形成し、数多くの生物が生息することで知られる。盤州干潟(ばんずひがた)と呼ばれ、東京湾の中で最大の干潟となる。河口左岸は近くに駐車可能なスペースがある。左岸に見える船溜まりは、久津間漁港。この漁港内は釣りが禁止されている。河口内は、夏から秋の季節を中心に、チョイ投げなどでマハゼが釣れるので、ハゼ釣りで賑わう。投げ釣りではカレイが掛かることもある。ルアー釣りでシーバスが狙えるポイントとしても有名。陸っぱりからルアーを投げて狙えるが、ウェーディングで釣りをする人も多く見られる。夕マズメの暗い時間帯から夜にかけて実績が高い。春の夜には大型のシーバスがあがっている。ウェーディングの際はエイに注意。またシーバスは河口部だけでなく、上流の方でも可能性がある。アクアラインの袖ヶ浦ICのやや上流に、小櫃堰公園がある。この公園前にある小櫃堰まで、シーバスが回遊する。

写真

こちらの施設の画像は投稿されていません

写真をもっとみる(0件)

口コミ

こちらの施設の口コミは投稿されていません

口コミをもっとみる(0件)

釣り場情報(詳細)

基本情報

交通手段

東京湾アクアライン・木更津金田ICを出て県道87号を南下。小櫃川を渡ったら右折

設備

駐車場

あり(無料)

トイレ

-

周辺情報

その他

備考

タグ

魚種(タ−ゲット)

釣り場情報に誤りがある場合は、以下からご連絡をお願いいたします

誤りを報告する