大沢港

大沢港

千葉県勝浦市大沢 / 防波堤

3.00

釣果

3.00

設備

2.00

混雑のなさ

2.00

安全性

2.00

外房線・行川アイランド駅の西に位置する港。国道128号(外房黒潮ライン)のトンネルの切れ目から見えてくる。館山自動車道からは、君津ICを出て房総スカイラインや鴨川有料道路経由で南下し、国道128号を東進する。または市原ICから国道297号を南下していく。北側に並ぶ山に囲まれているため、風が強い日でも穏やか。全体的に水深は浅い港で、常に仕掛けを出せる場所は、船が通る港の中心部に限られる。また西側の堤防は釣りが禁止されている。釣り場となるのは東側の堤防が中心となるが、この堤防も先端部では柵が設置され、一部立入禁止となっている。東の堤防は外側が一段高く、途中までテトラ積みとなる。テトラ周りや根魚やメジナの好ポイントだが、足場に要注意。荒れた日は波にも注意。釣りものは、カゴ釣り・サビキ釣りでの小型回遊魚や、ウキフカセでのメジナなど。アジなどの小型回遊魚は、夏場から秋頃に接岸することが多い。狙えるメジナは小型中心。好シーズンの冬になると、30cm近くがあがるようになる。

釣り場情報(詳細)

基本情報

交通手段
JR外房線・行川アイランド駅よりバス利用または徒歩15分国道128号から、境川トンネル(地図左のトンネル)手前の道に入っていく

設備

駐車場
なし
トイレ
-
周辺情報

その他

備考

タグ

仕掛け
ウキ釣り、サビキ釣り、カゴ釣り
魚種(タ−ゲット)
アジ、カサゴ、ムラソイ

釣り場情報に誤りがある場合は、以下からご連絡をお願いいたします

誤りを報告する