鵜原港

鵜原港

千葉県勝浦市鵜原 / 防波堤

3.00

釣果

3.00

設備

2.00

混雑のなさ

4.00

安全性

3.00

鵜原海水浴場の東に位置する小さな2つの港は鵜原港と呼ばれている。鵜原駅からちょうど南に進むと着く。駅が近いので電車で来れる。館山自動車道からは、市原ICを出て国道297号を南下し、国道128号を西に進んでいく。周辺はリアス式海岸で、岬や入り江が続いている。港から西の岬には、景勝地「鵜原理想郷」がある。東には勝浦海中展望塔という海中をのぞける施設が建ち、付近は観光スポットが点在する。鵜原にある左右の港はトンネルで行き来できる。車は港の周りに停められる。トイレは近くにない。釣り場となるのは港内岸壁や小堤防。西にある港の小堤防は、外側が一段高く、入れないところがある。港の護岸からは、夏から秋の季節を中心に、カゴ釣りやサビキ釣りでアジなどの小型回遊魚が釣れる。カゴ釣りではアジ以外の青物が釣れることもある。ただ回遊魚が接岸していない時期は、魚はあまり期待できない。フカセ釣りでは小メジナが多いが、クロダイもターゲットとなる。冬場は良型のメジナの釣果が出るようになる。

釣り場情報(詳細)

基本情報

交通手段
JR外房線・鵜原駅より徒歩10分国道128号より鵜原駅近くの道を曲がり南下

設備

駐車場
あり(無料)
トイレ
-
周辺情報

その他

備考

タグ

仕掛け
ウキ釣り、サビキ釣り、エギング、カゴ釣り
魚種(タ−ゲット)
アジ、メジナ、ワカシ

釣り場情報に誤りがある場合は、以下からご連絡をお願いいたします

誤りを報告する