いつもの休日を楽しい釣りライフへ

釣り・フィッシング用【偏光グラス】 おすすめ6選

2020/03/29 (ライター:小代)
釣りの際には偏光グラスは必要でしょうか?
海中をしっかり見るためには、やはり偏光グラスが必須になります。
  
ルアーやエギの動きが見えているのと見えていないのとでは、釣りの効率には天と地ほども差が出るといわれていますので、中級者以上はぜひ偏光グラスをかけて釣りをしてみてください。

晴れているときは水面が太陽でまぶしく、海中は全くと言っていいほど見えませんし、
曇っているときは周辺の景色が水面で反射してしまい、やはり見えません。

特にルアーやエギなど、ロッドを操作でどのようなアクションを起こすか確認しながら釣ることが釣果につながってきます。ロッドの操作だけではなく、ルアーやエギの大きさや形の違いによってもアクションは異なります。
  
ただ、値段もピンキリで機能もそれぞれ異なります。値段も2千円くらいの安いものでも十分な機能であることもあります。
  
今回は、釣りで使える「偏光グラス」、おすすめ6選を紹介します。  
  
  
  

1.シマノ SHIMANO HG-078L フィッシンググラス PC ブラウン HG-078L マットブラックBR

値段もお手頃で、機能もそこそこ。どの側面も全体的に安定な偏光グラスになるので、初めて買う方におすすめです。
ただし、釣り専用で使うには最適ですが、偏光グラス特有の歪みがあり慣れないうちは距離感がつかみにくいので、運転のときも兼用したい人にはあまりよろしくないかもしれません。
画像では濃い色に見えますが、実際に使ってみるとクリアに見えるのですごく使いやすいと思います。
  


2.サングラス 偏光 オーバーグラス オーバーサングラス SG-605P AXE アックス

少々値段が高くなりますが、ケースとセット販売になっているので購入してすぐ、偏光グラスにぴったりのケースで持ち運びができます。
メガネの上からかけることができるため、全体的にサイズが大きめになっています。顔が少し大きめ方には似合いやすいと思います。
偏光の機能がしっかりしていて、濃い目の色でも夜道を歩いたりすることができるほど視界がクリアになっています。
  


3.SWANS(スワンズ) 日本製 スポーツ サングラス エアレス リーフ フィット Airless Leaffit 軽量

偏光グラスをよく使う方は誰もが知っているだろう有名メーカーです。他の商品と比べると少々高級になりますが、その分機能は間違いありません。
この偏光グラスは、何より軽いのが特徴です。かけ心地がとてもよく、長時間かけていても疲れづらいです。
デザイン重視であるためかレンズが小さめになっているので、ブラックバスなど動きが激しい釣りをされる方にはあまり向いてないかもしれません。
  


4.OAKLEY サングラス 0OO9206

ロードバイクや長距離ランナーも愛用する偏光グラスで、かなりの高級品です。
釣りをする分には必要以上のレベルかもしれませんが、偏光グラスはこれひとつで十分だという方は、思い切ってこれを選んでみてもいいと思います。
高級感のある偏光グラスを長く愛用してみるのも、大人の趣味にはぴったりです。
  


5.ダイワ(DAIWA) TLX 005 イーズグリーン

強気の値段ではありますが、釣り好きは憧れます、ダイワ製の偏光グラスです。
偏光フィルターは0.03mmの特殊フィルターを採用していて、その性能を最大限活かすため、さらに超透明レンズ素材を厳選しフィルターを挟み込んでいます。
揺れやゆがみを抑える光学性能がある他、水面の反射光と同時に有害な紫外線もカットしてくれます。
やはりダイワの商品だけあって、釣りをしているときに見たいラインだとか水中のルアーの動きだとかがはっきり見ることができます。
  


6.TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD 偏光グラス オーバル型 TG-4259 ブラック

特殊な「AR」という加工がされてるため、光の反射を防ぎ余計な映り込みを限りなく軽減してくれます。
また、十分な撥水加工が施されているため、船釣りの水しぶきや小雨の釣りでも、水を拭き取りやすく汚れが付きにくくて便利です。
少々ごつい印象がある偏光グラスですが、ナイロン樹脂であるため、強度も軽量も兼ね備えていて、長時間の使用でも疲れにくいです。  

以上、偏光グラス6選を紹介しました。
偏光グラスは、ランニングやドライブなどあらゆる場面で使われることが多いため、機能もそれぞれ大きく異なります。
釣り専用で使われるか、他の場面でも使いたいかで選び方も変わってくると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

閲覧数 80

関連する記事