いつもの休日を楽しい釣りライフへ

【初心者向け】都内でハゼ釣りがおすすめ【低予算で美味しく食べられます】

2020/01/06 (ライター:小代)

「車がない」「お酒を飲んでから帰りたい」「都心で釣りをしたい」・・・
そんな方には、 電車でアクセス便利な都心での「ちょい投げ」のハゼ釣りを紹介 します。

コツがいらない釣り方なので、初心者でも簡単に楽しめます。釣ったハゼは唐揚げや天ぷらにしても最高です。

<ポイント>

  • ◆電車でぷらっと遊べます
  • ◆疑似エサだから手軽(気持ち悪い・痛い等ありません)
  • ◆道具は低予算(約4,000円~)

<目次>

  • 1.道具は通販で。意外と低予算
  • 2.都心で釣れる。電車で行ける
  • 3.釣り方はゆっくり巻くだけ
  • 4.ハゼ唐揚げ。簡単。臭みなし

1.道具は通販でも十分。意外と低予算で揃います。

道具はこれ

竿はスルスルっと小さく収納できます。釣り道具一式を1つのリュックサックに入れられるので、電車も普通に乗れます。

どんな安い道具でも4~5回は使えるので、まずは「初心者セット」で十分です。今回狙うアジやサバは、「サビキ釣り」という仕掛けで釣っていきます。道具によって差はほとんど出ませんので、私は初心者にはまず安いものをオススメしています。

初心者セットを使っている間に、 釣りって楽しい!となれば、そのときにそれなりの道具を買ってみるのがオススメ です。逆に、釣りの知識がない人が自力で道具を揃えると、無駄なものを買ってしまう可能性があるのでオススメできません。

初心者セットは、どこの釣り具屋さんでも売ってるはずです。
楽天が出品しているものでも全く問題ありません。

仕掛け(針とか)はこれ

根掛かりする(海底の岩に引っかかって取れなくなる)ことがあるので、2~3個買っておくと安心 です。

中級者以上になると、潮の流れなど海のコンディションに合わせておもりの重さを選んだり、狙う魚のサイズに合わせて針のサイズを選んだりしますが、まずはこのセットを買っておけば間違いないです。

私の経験上、小さな針でも大きい魚を釣れますし、海のコンディションは当日になってみないと分からないものです。

エサはこれ

オススメは人工の「疑似エサ」です。
本物の虫エサと違って事前に購入しておけますし、何より気持ち悪くない!

また、水中に残らずに自然分解される素材なので、海に落としたりしても環境を汚すことはありませんので安心して釣りを楽しめます。

(本来は、「青イソメ」や「ジャリメ」というミミズのような虫を使いますが、気持ち悪いうえ、青イソメは指に噛みついてきてチクッとすることもあります。)

2.電車で行ける。都心で釣れるハゼ。


ダボ(=バカ)ハゼといわれるほどどこでもわりと簡単に釣れます。 家の近くで「河川敷になんだか釣り人がいるな」と気づいたらそこがスポットです。
念のため、おすすめスポット5選はこちらです。
◆荒川・砂町水辺公園(葛西橋あたり)
◆横十間川(錦糸町あたり)
◆お台場海浜公園(お台場あたり)
◆大井ふ頭中央海浜公園 (大井競馬場あたり)
◆水の広場公園(東京ビッグサイト駅から徒歩1分)



3.釣り方は?海底がターゲット。

まずは買った道具を以下のように準備してください。
針に人工の疑似エサ(青イソメ)を付けて、おもりの重さで20~30m投げればさっそく釣りスタートです。
ゆっくり(蟻が歩くスピードをイメージして)海底をズリズリと引きずりながら糸を巻いてください。 手元に針が戻ってきたらまた投げて、その繰り返しです。

少し難しく感じるかもしれませんが、初心者におすすめできる釣り方なので1~2回投げれば誰でもすぐに慣れると思います。

基本的には糸をゆっくり巻き続けるだけでOKですが、そのスピードを変則させたり、たまに竿を動かしてください。魚は動くものに反応しますので、 こんな感じだと魚が興味持つかな?と考えながら楽しんでみてください。

また、投げ釣りですが、遠くに投げればいいというものではありません。魚は海底のエサを探していますので、意外と岸に近いところに集まってたりもします。
なお、針(仕掛け)は絡まるので保管しにくいため、使い捨てがオススメです。



4.ハゼの唐揚げ。臭み全くなし!

釣った魚は、ジップロック(なければ2重にしたビニール袋)に入れて持ち帰りましょう。

氷(アイスコーヒー用でもOK)を帰り道のコンビニで買って冷やしながら帰ってください。(私の経験上、夏場でも電車で1時間くらいなら氷を買わなくても大丈夫です。)
唐揚げ用のハゼの捌き方を紹介します。
一口サイズの魚なのですごく簡単に捌くことができます。 生臭いイメージがありますが、しっかり調理すれば全く臭みはありませんでした。

・うろこを取る
・頭を落として、腹ワタを取る
・何度も洗い、20分ほど水につける
ハゼの唐揚げ(クックパット)

ぜひ皆さんも自分で釣った魚を食べてみてください!
閲覧数 368

関連する記事